【トリノショー速報 Vol. 35】F1技術のマイクロカー『ドラゴンフライ』、最高速度は…… | レスポンス(Response.jp)

【トリノショー速報 Vol. 35】F1技術のマイクロカー『ドラゴンフライ』、最高速度は……

自動車 ニューモデル モーターショー

『ドラゴンフライ』もメーカーではなく、プロトタイプ開発会社のガリツィオが出展した1台だ。ただしこの2シーター・マイクロレジャーカーは、2001年9月からの量産が決定している。メーカーはかつてF1を走っていたこともある、フランスのリジェだ。

リジェはモータースポーツのほか、マイクロカーの有力メーカーでもある。フランスでは総重量350kg以下、原動機出力4kW/5.6PS、最高速度45km/h以下という規格を満たした車両がマクロカーとされ、16歳から無免許で運転できる。ドラゴンフライのエンジンは、ロンバルディーニ製の汎用2気筒505ccガソリンエンジンを搭載する。なお重量と原動機出力から自ずと車体寸法は決まってしまうため、寸法に規定はない。

なおイタリアでは同様のクルマに14歳から無免許で乗れ、EU規格成立の動きがある。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品