【トリノショー直前特集】世界のカリスマデザイナーたち(その4)ジェイ・メイズ/フォード | レスポンス(Response.jp)

【トリノショー直前特集】世界のカリスマデザイナーたち(その4)ジェイ・メイズ/フォード

自動車 ビジネス 企業動向

昨年の東京モーターショーでひときわ話題を呼んだコンセプトカーがあった。フォード021Cである。どこかなつかしさを感じるスタイリングに、まるで雑貨のような感覚。

これを監督・指揮したのが、ジェイ・メイズである。アストン・マーチンやジャガー、ランドローバーなど、いまや9つのカーブランドをもつフォード・デザインを統括する。

021Cを実際にデザインしたのは、インテリアを得意とするプロダクトデザイナーのマーク・ニューソン。メイズの役割は、これまでのカースタイリングの常識に縛られず、自由な発想でデザインのできる異業種デザイナーのニューソン起用にあったのだ。

メイズの作品にはデザインもさることながら、こうしたプランニングやコンセプトワークに妙がある。

VWで手がけたニュー・ビートルもそのひとつ。名車再生プロジェクトは、VWカリフォルニア・スタジオの若いデザイナーたちのコーヒーブレイクの雑談から始まったという。コンセプトモデルで終わらせることなく、復活したビートルは話題を呼び、新生VWのイメージを決定づけた。これもデザイン/ブランド・コンサルテーションに造詣の深いメイズ流のデザイン・アプローチだろう。

機能が画一化する現在、デザインは他車との差別化を図る必須要件になった。メイズがめざすのは、デザインそのものの可能性をさらに広げることなのである。

●ジェイ・メイズ
1954年アメリカ生まれ。カリフォルニア・アートセンターを出た後アウディ入社。83年にわずか1年間だが、BMWに移籍後、再びアウディに復帰。VWカリフォルニア・スタジオを開設し、95年退社。現在はフォードのデザイン担当副社長を務める。

《》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品