ジャガー、ニュルを借りて『Sタイプ』ハンドリング批判に応戦 | レスポンス(Response.jp)

ジャガー、ニュルを借りて『Sタイプ』ハンドリング批判に応戦

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガー『Sタイプ』のハンドリングが、ライバルであるBMWとメルセデスのレベルに到底及ばない、との批判を受けたジャガーはこれから対策のためのアクションをつぎつぎに起こすという。

とりあえず、テストで有名なニュルブルクリンク借りる。これから開発される新しいジャガーは、ヨーロッパの中で最もハンドリング的に厳しいといわれる、このサーキット上でテストされることになる。

このサーキットに先週登場したジャガーは、BMW3シリーズのライバルとなるといわれている新しいプロトタイプだった。このモデルは来年発売されるといわれている。次世代フォードモンデオのプラットフォームを使用し、V6エンジンを搭載する予定だ。
《》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品