実は開発の余力がない!? 排気量アップに燃える三菱自動車のお家事情 | レスポンス(Response.jp)

実は開発の余力がない!? 排気量アップに燃える三菱自動車のお家事情

自動車 社会 行政

三菱自動車工業がエンジンラインナップの増強でセダンの販売拡大を狙っているようだ。新型『ランサー』に1.8リットルGDIエンジンを搭載したのにつづいて、『ギャラン』などに2リットルGDIエンジンを搭載して相次いで主力モデルのパワーアップを図った。

だが、燃費ナンバーワンを売り物にしているGDIも、実用燃費は2リットルクラスのセダンで は他メーカーに抜かれているという噂も…。「GDIもそろそろ改良しなくてはならないはず」というのが、エンジンに詳しい関係者の話だが、今の三菱にはその余力がないというのが現実だ。
《編集部》

関連ニュース

おすすめの商品