GM-VWヘッドハンティング・スキャンダル第2幕 | レスポンス(Response.jp)

GM-VWヘッドハンティング・スキャンダル第2幕

自動車 社会 行政

22日、アメリカの連邦大陪審は、元GM(ゼネラルモーターズ)副社長の地位からVW(フォルクスワーゲン)に移籍し、現在は独立コンサルタントのホセ・イナシオ・ロペス(59歳)を企業機密漏えいで告発した。

ロペスはGMで国際資材調達担当副社長を務め、経営の合理化に大いに貢献した。1993年、その実績をかわれてVWにヘッドハンティングされたが、その際にGMの企業機密を持ち出したとしてスキャンダルになった。民事裁判でロペスは容疑を否定したものの96年にVWを辞職した。裁判は97年に結審して、VWはGMに1億ドルを支払い、さらにGM製の部品10億ドルを購入することになった。

今回は刑事訴訟になったわけだが、ロペスは現在出身地のスペインにおり、アメリカ司法省はスペイン政府に対しロペスの身柄引き渡しを要求する。スペイン政府は応じないとの見方がある一方で、ロペス氏は2年前の交通事故で頭部に負傷し、記憶に傷害があるので告訴は無効になる(ロペスの代理人による)との情報もある。
《高木啓》

特集

おすすめの商品