【GPS精度向上でこうなるカーナビ Vol.2】精度向上がハッキリ実感できる条件とは? | レスポンス(Response.jp)

【GPS精度向上でこうなるカーナビ Vol.2】精度向上がハッキリ実感できる条件とは?

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【GPS精度向上でこうなるカーナビ Vol.2】精度向上がハッキリ実感できる条件とは?
  • 【GPS精度向上でこうなるカーナビ Vol.2】精度向上がハッキリ実感できる条件とは?
  • 【GPS精度向上でこうなるカーナビ Vol.2】精度向上がハッキリ実感できる条件とは?
カーナビに対してのメリットがまったくないかというとそうではないようだ。GPSの誤差予想範囲が狭まるために、マップマッチングの対象となる道路候補が少なくなり、結果としてより正確な測位が行われることになる。

とくに高速道路のような直線が長く続く道路では、前後の距離誤差が大幅に高まるようだ。ただ、最近のカーナビのほとんどが採用している自律航法を併用するハイブリッド型カーナビでは、GPS情報は大幅な現在地のズレをなくすだけの補助的な使用にとどめていることが多く、こちらも思ったよりもその効果は少ないと言われている。

経験上からの話をすると、今回の措置が採られてからというもの、確かに今までよりも明らかに走行中の道路を間違うことは少なくなったように思う。以前は、道路が込み入った都市部を走行すると分岐点を曲がった後、道路を1〜2本間違えて認識することが結構あったが、これがほとんど見られなくなったのだ。ただ、都市部ではマルチパスと言われる、電波の反射現象が生じることは避けられないから、この意味で誤差の発生は避けられないと思われる。

このような状況から、カーナビが安定した測位を行うためとして、今後もGPS+自律航法のハイブリッドシステムが採用されていくはずだ。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品