【マツダ新ブランド戦略 Vol. 1】「モア・マツダ」プロジェクト第一弾、特別仕様車『ブリーザ』とは | レスポンス(Response.jp)

【マツダ新ブランド戦略 Vol. 1】「モア・マツダ」プロジェクト第一弾、特別仕様車『ブリーザ』とは

自動車 ニューモデル 新型車

●マツダ・ブランドの個性をより鮮明にしたい

ここ1〜2年の間、世界の各自動車メーカーは生き残りをかけ、資本提携や買収など急速に再編が行なわれている。事実、我が国でも多くの自動車メーカーが、何らかのカタチで海外メーカーとの密接な関係を保っていることは、すでに周知の通りだろう。そんな状況の中、比較的早い時期にフォードの傘下に入ったマツダの選択もまた、21世紀へ向けて生き残るためだったに違いない。そのマツダは、傘下に入ったのをいい機会と捉え、士気を高めるためのブランド戦略推進を積極的に行なってきている。

その戦略というのが『プレマシー』からスタートした“ファイブポイントグリル”や“コントラストハーモニー”といったファミリーデザインの構築、ディーラーや販売店の明確化などのブランドイメージの定着化というわけだ。そしてマツダブランドが一般消費者に広く認知されるようになったことは、『デミオ』や『プレマシー』、『MPV』などの販売の好調からもはっきりと見て取れるのだ。

●走りの良さを全身で表現

今回、そのマツダがさらなるブランド戦略の強化を狙い“MORE MAZDA”(もっとマツダらしさを)/マツダとマーケットのつながりの意味を込めネーミングした『MMプロジェクト』を新たにスタート。第1弾として統一のテーマであるエアロフォルムをまとった限定車“ブリーザ”(古スペイン語で「そよ風」の意味)シリーズの発売を、22日より開始した。

このシリーズはユーザーの要望を反映させた爽やかなエアロフォルムをまとい、最近のマツダ車に共通した走りの良さを全身で表現しているのが特徴。ベースモデルに比べて、お買い得な価格設定も大きな魅力となっている。また、今回のプロジェクトついては商品(限定車)のみならず、ディーラーと顧客とのコミュニケーションを強化する活動が盛り込まれるなど、今後の展開も大いに注目されている。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品