中央省庁の決定を待っているヒマはない。東京都、独自にDPF検証へ | レスポンス(Response.jp)

中央省庁の決定を待っているヒマはない。東京都、独自にDPF検証へ

エコカー 燃費

ディーゼル車規制を打ち出している東京都は、エンゲルハード社のDPF(ディーゼル微粒子除去装置)である『DPX』と、ジョンソン・マッセイ社の『CRT』を実証実験することを決めた。

東京都の環境科学研究所でPM(粒子状物質)の除去能力などについて検証して、実用性があるかを判断する。検証することで、DPF装着義務付け車両の基準策定にも役立てる。

東京都はディーゼル車へのDPF義務付けを打ち出しており、運輸省や環境庁では、DPFについて技術的に検討している。しかし、これまでの議論では「現在開発されているレベルでは実用化は困難」との見方も出ている。

このため、都としては自らの手で調査しようというわけだ。運輸省は運送業者を所管しているため、DPFの技術評価に手心を加えるおそれもあるので、自分の手で調査するとの見方も出ている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品