日産が日本テレコムとタッグを組み、通信費を大幅リストラ | レスポンス(Response.jp)

日産が日本テレコムとタッグを組み、通信費を大幅リストラ

自動車 テクノロジー ネット

日産自動車は11日、国内外の部品メーカーや、販売会社を結ぶ次世代の情報通信ネットワークサービスの構築を日本テレコムに全面委託すると発表した。日本テレコムの最新技術を活用した高品質で低コストのインターネット通信サービス(IPプロトコル)を活用して、全世界の拠点とのコミュニケーションの質とスピードを高める。

次世代情報ネットの構築により、日産グループ全体の通信費用を3割以上削減することを目指す。音声系は6月から、データ系は9月から新システムへの移行を開始し、来年1月初旬に本格的な運用を開始する計画だ。

日産は従来、各種の情報通信ネットワークを自前で構築してきた。しかし、その通信事業者やプロトコルは様々で、今後はインターネット技術に基づくインターネットプロトコル(IP)に統合し、グローバル規模で日本テレコムから一括してサービスを受ける。

日産は、効率的な次世代情報通信ネットワークサービスの構築が不可欠と判断、こうした分野で技術・ノウハウをもつ日本テレコムと提携することにした。日本テレコムはAT&Tや、ブリティッシュテレコムなどとネットワーク化して同ネットワークを構築、音声やデータ通信に加え、3DのCADや画像データといった膨大なデータ通信を高速で、低コストで実現する。

日産グループ全体の通信費用は、海外での電話代を除いて年間約150億円にのぼるとしており、次世代通信ネットの構築により大幅なコスト削減を目指す。また、「経営再建を目指した日産リバイバルプランの実現には、国内外の関係会社のマネージメント情報を一元化して意志疎通や意志決定を迅速化するなど、情報通信システムによるサポートが不可欠(日産)」としている。
《》

特集

おすすめの商品