財界総理も石原東京都のディ-ゼル車政策に意見提出 | レスポンス(Response.jp)

財界総理も石原東京都のディ-ゼル車政策に意見提出

エコカー 燃費

経団連は、東京都がディーゼル車にDPF(ディーゼル微粒子除去装置)装着を義務付ける方針を打ち出していることについて、1997年以降に市場で販売されている最新の排ガス規制である長期排ガス規制適合車にはDPF装着義務付けから除外するよう、自民党に要望書を提出した。

東京都の環境審議会は、一定の基準を満たすディーゼル車にはDPF装着義務付けから除外することを明示した。経団連では、最新規制適合車は排ガス低減性能が高いため、除外するよう求めた。自民党では、ディーゼル排ガスプロジェクトチームが27日の会合で、ディーゼル対策を打ち出す方針だが、経団連の要望が反映される見込み。

総選挙前だけに、経団連の要望に配慮して買い替え優遇税制やDPF購入の補助金支給が打ち出されると考えられる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品