【ホンダF1ストーキング】新型エンジン投入でトップチームに追いついた!? | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】新型エンジン投入でトップチームに追いついた!?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

信頼性の確立を目標にマシン開発をすすめてきたホンダは、序盤戦でまずまずの結果を出せたことで、次のステップに向けての開発に入った。RA000Eエンジンの改良型をイギリスGPより投入することとし、先週シルバーストンサーキットで実走テストを行なった。新エンジンには、単にパワーを上げるだけでなく、将来の開発を見据えた改良を行ったという。

F1プロジェクトリーダーである、保坂武文・本田技術研究所マネージング・ディレクターは「フェラーリやマクラーレンといったトップチームとのギャップは依然として大きく、それを少しでも埋ることが、今後の課題」とコメントした。

また先週のテストはリカルド・ゾンタの事故により予定を1日早めて終了した。チームはファクトリーへ戻り原因となったフロントサスペンションを分析した。

ホンダは80年代にイギリスGPを4年連続して制している。86年(ブランズハッチ)、ナイジェル・マンセルとネルソン・ピケの1−2フィニッシュ。87年(以後シルバーストン)は、ウィリアムズ・ホンダのマンセル、ピケの1、2位に続いて、ロータス・ホンダのアイルトン・セナと中嶋悟が3、4位に。88年にはマクラーレン・ホンダのセナが優勝。89年には同じくマクラーレン・ホンダのアラン・プロストが勝利を飾っている。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品