【ニューヨークショー速報 Vol. 4】新型『シーマ』日産VQエンジンラインにV8追加 | レスポンス(Response.jp)

【ニューヨークショー速報 Vol. 4】新型『シーマ』日産VQエンジンラインにV8追加

自動車 ニューモデル モーターショー

エンジンは新型の4.5リットル32バルブDOHCアルミニウム製V8。インフィニティ『J30』(日本名『セフィーロ』)などに搭載されているVQシリーズV6エンジンからの発展だ。出力は340PS、トルクは46.1kgm。0-60マイル/h(約90km/h)加速は6秒以下という動力性能だが、4.1リットルV8(266PS)搭載の2000年型Q45と燃費は変わらない。

トランスミッションはマニュアルシフト機能付き5AT。サンペンションは4輪ともインディペンデント、後輪はオールニューのマルチリンクになった。またボディのねじり剛性は40%アップした。

新型Q45には、アンダーステア、オーバーステア、スリップなどの状況に合わせてブレーキ圧力やエンジントルクを自動的に制御するビークル・ダイナミック・コントロールがオプションで用意される。トラクション・コントロール、ABS、速度感応式ラック&ピニオン・ステアリングは標準装備。

「新型QはQ45ラインにおける跳躍、大躍進だ」とオーブはプレゼンテイションを締めた。
《高木啓》

特集

おすすめの商品