全米で静かなブームを呼ぶ代替燃料『E85』とは? | レスポンス(Response.jp)

全米で静かなブームを呼ぶ代替燃料『E85』とは?

エコカー 燃費

全米で静かなブームを呼ぶ代替燃料『E85』とは?
  • 全米で静かなブームを呼ぶ代替燃料『E85』とは?
エタノールを主原料とした新しいタイプのガソリン、E85が注目を集めている。アメリカでは現在1ガロンあたり1ドル80セント前後(約50円/リットル!)のガソリンの高値が続いており、この傾向は少なくとも夏頃までは続く、とされている。そのためより安く、従来の石油と変わらないパフォーマンスを持つ燃料に注目が集まるのだ。

E85は85%のエタノールに15%の石油を混ぜた混合燃料。もちろん従来のガソリン車には使用できないが、現在フォード、GM、ダイムラークライスラー、マツダが販売している8モデルのFFV(代替燃料車)に利用されている。

現在全米で登録されているFFVは3万台だが、今後この数字は倍々ゲームで増えることが予想されている。FFVはアメリカ政府が進めているプロジェクトで、エネルギー省が公式スポンサーとなっている。

またエタノールはE85のような代替燃料としてだけではなく、石油に10%プラスすることで燃焼剤としても利用されている。特にMTBEが水質汚染の元凶とされている現在、エタノールのガソリン添加剤としての注目度も高い。トウモロコシを原料とするエタノールは資源の枯渇を心配する必要がなく、アメリカ国内で自給できる、という点も将来性を感じさせる。

今後FFVは郵便局のクルマなどに重点的に配属される予定で、E85を常備するガソリンスタンドも全米に広がっていく予定。燃料電池車が一般的になる前に、こうした代替燃料車は低公害車としてブームとなる可能性も充分だ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

おすすめの商品