WRCカタルニア・ラリー、地元のあの人はどうなった? | レスポンス(Response.jp)

WRCカタルニア・ラリー、地元のあの人はどうなった?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

4月2日、FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦カタルニアラリーの最終第3レグが、ヨレット・ド・マール北西で開催され、C. マクレーが昨年のポルトガル以来の優勝の美酒を味わった。

第2レグ終了時点での順位はマクレー(フォード)、R. バーンズ(スバル)、C. サインツ(フォード)、T. マキネン(三菱)。地元の英雄サインツが、3位につけて優勝を狙っているのだから、沿道の声援は尋常ではない。トップ4台の争いはすさまじく互いに譲らず、結局スタート時と順位は変わらずにゴールとなった。

マニュファクチャラーズ選手権では、スバルがドライバーズ、マニュファクチャラーズのポイントで依然両部門トップ。今回優勝したフォードは三菱を逆転し2位、三菱はプジョーとともに3位に後退した。 これで5戦して4メーカーが優勝するという昨年以上の混戦となっている。

スバルのバーンズは「今回の成績には満足している」とコメント。「欲を言えばきりがないが、結果には納得している。これでグラベル、ターマックと今シーズンの今後の組み立てが出来る」

また3戦ぶりに完走した三菱のマキネンは、「最初の2日間は本当につらかった。だが上位のマシンに何が起こるか分からないから、プッシュしつづけた」 と語る。

【最終結果】1位 C. マクレー(フォード)2位 R. バーンズ(スバル)3位 C. サインツ(フォード)4位 T. マキネン(ミツビシ)5位 G. パニッツィ(プジョー)6位 M. グロンホルム(プジョー)

【最終ドライバーズポイント】1位 R. バーンズ(スバル) 282位 T. マキネン(ミツビシ) 193位 C. サインツ(フォード) 173位 M. グロンホルム (プジョー) 175位 C. マクレー(フォード) 146位 J. カンクネン(スバル) 11

【最終マニファクチャラーズポイント】1位 スバル 412位 フォード 313位 ミツビシ 233位 プジョー 235位 セアト 76位 シュコダ 5
《高木啓》

特集

おすすめの商品