日本一はADバン! “環境ミシュラン”で意外な結果 | レスポンス(Response.jp)

日本一はADバン! “環境ミシュラン”で意外な結果

エコカー 燃費

運輸省は、4月1日からスタートした低公害車の認定制度として、37の型式を初めて認定し、発表した。

2000年度排ガス基準から、型式ごとに「どのレベルにあるか」を調べ、それを3段階に分けてラベル付けをしていく。初の認定となる今回の調査結果では、2000年基準を75パーセント低減したのは、日産のADバンCNGV(圧縮天然ガス車)とこれのOEM車マツダ・ファミリアバン、スバル・レオーナだけ。基準より50パーセント低減したのは、ホンダ・オデッセイなど23型式。基準より25パーセント低減したのは、スズキ・ジムニーなど11型式。

メーカーごとの認定数では、最も多かったホンダは16型式(ホンダカナダを含む)で、大半が50パーセントの排ガス低減を達成。2番目に多かったのはスズキの9型式。車種の多いトヨタ自動車、日産自動車はわずか3型式ずつに留まった。

認定を受けた型式のクルマは、超低排ガス車などと記載されたステッカーが貼付される。結果は運輸省のホームページでも公表されるとのことだ。
《レスポンス編集部》

特集

おすすめの商品