【日産『ティーノ・ハイブリッド』 Vol. 6】315万円は得かソンか? | レスポンス(Response.jp)

【日産『ティーノ・ハイブリッド』 Vol. 6】315万円は得かソンか?

自動車 ニューモデル 新型車

「社会全体のガソリン消費量を抑えるべく」「走行距離の多い、大きなクルマをハイブリッド化」したという『ティーノ・ハイブリッド』。とはいえ、その普及にはやはり価格が大いに影響することはもちろんである。

その価格は、なんと315万円。ただし、購入に際しては行政からの助成金で最高で50万円安くなるので、実際の購入価格は265万円(その他、所得税、自動車税の合計で最高28万円減税される)ということになる。

「この価格でも、収益スレスレの値段なんですよ」(前出・前田氏)とのことだが、それでも『ティーノ』の上級グレード(2リットル)より60万円近く高いことになる。となれば、よほど「実用燃費」がよくなければ、購入してもなかなか「モトが取れない」ことになる。

今回の試乗会は限られた時間で走っただけなので、はたして実用燃費がどのくらいかは確かめられなかったが、日産のスタッフの話では「町中・高速ともリットル16kmは行きます」とのことだった。

ところが、『ベストカー』誌が4月26日号で行っている実測テストによれば、『ティーノ・ハイブリッド』の実測燃費は10.64km/リットルで、同じ条件で走った『ティーノ2.0リットル』の実測燃費9.51km/リットルと大差のない結果に終わっている。このデータを信じるなら、年間1万km走行したとしても、ハイブリッド仕様にすることで節約できる燃料は約100リットル、金額にして約1万円程度。これでは「ハイブリッドを買うメリットはどこにあるのか?」と首をかしげたくなってしまう。

とはいえ、このテストデータは、一般道+高速道路を約40km、箱根の山道を20km走ってのものだというから、ハイブリッドのメリットが発揮できる都市部の走行モードが少なく、データとしてはかなり「キツいもの」であることは事実だ。果たして『ティーノ・ハイブリッド』は本当にトクなのか? その答えは、残念ながら、より徹底した実測燃費テストを行ってみないとわからない。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品