世界初、手作りEV耐久レースをネット中継

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

日本EVクラブでは、手作りEVミゼットII 4時間耐久レースを4月16日に開催する。会員が製作した手作りEVミゼットII 6台とダイハツ製EVミゼットII 1台による、ワンメイクのEV耐久レースだ。

日本小型自動車振興会のオートレース選手養成所(筑波)のオーバルコースを使用し、バッテリー交換や充電を行ないながら4時間で走行できる距離を競う。手作りEVによる4時間にわたる耐久レースは、世界初という。

バッテリーは一般の自動車用12Vバッテリー10個が1セットで、2セットを使用する。2セットでは約2時間の走行しかできないので、走行時間と充電時間のバランス、交換のタイミングに作戦が必要になってくる。

なおこのレースは一般公開されないが、インターネットを通じてライブ中継される。
《高木啓》

《PR》関連記事

おすすめの商品