【ローバー売却分析 Vol. 5】『ミニ』は手放さないBMW、秘策は「スポーツカー」にある

自動車 社会 行政

【ローバー売却分析 Vol. 5】『ミニ』は手放さないBMW、秘策は「スポーツカー」にある
  • 【ローバー売却分析 Vol. 5】『ミニ』は手放さないBMW、秘策は「スポーツカー」にある
  • 【ローバー売却分析 Vol. 5】『ミニ』は手放さないBMW、秘策は「スポーツカー」にある
BMWはローバー売却を決定する前に、『MGF』後継車となる前輪駆動クーペとロードスターの開発初期にあった。これらのモデルは新型『ミニ』のプラットフォームをベースにし、『クーパーS』仕様(来年発売予定)の150PSスーパーチャージド・エンジンを搭載するものだ。

新型ミニは当初よりスポーティなモデルとして企画されており、エンジンや座席は重心を下げるために低い位置に配置されている。フロントのマクファーソンと、リアのZアクスル(現行から設計変更あり)によって、従来のスーパーミニが遠く及ばないハンドリング性能を発揮するはずだ。

BMWはローバーは売却したもののミニは引き続き傘下に置いた。もちろんクーペとロードスターのプロジェクトも継続する。情報筋によると、市場にもミニの派生車として投入されるという。
《》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品