京奈道路が全通、1km当たり工費123億円

自動車 社会 社会

日本道路公団(JH)は、京奈和自動車道の山田川〜木津及び精華学研インターチェンジの奈良方向が4月16日に開通、京奈道路が全線開通すると発表した。

京奈道路は城陽IC〜山田川ICまでの14.0kmがこれまで開通していた。今回、山田川IC〜木津ICまでの3.0kmと精華学研ICの奈良方向が開通して、京奈道路が全面開通することになる。

開通によって山田川IC〜木津IC間の所要時間は、国道163号線、国道24号線を利用して約15分かかっていたのが約4分となり、11分間短縮される。通行料金は軽自動車、普通車、中型車が木津〜山田川が100円、木津〜精華学研が200円。今回開通した3kmの事業費はなんと約370億円。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

おすすめの商品