JRの殿様商売「見た目ほど楽じゃなかったディーラー業」

自動車 ビジネス 企業動向

JR東日本は、赤字が続いていた輸入車販売から撤退する。首都圏で「ボルボ」、「サターン」を販売していた子会社二社を4月末にも清算する。両社合計で4カ所の営業拠点はインポーター主導で他ディーラーに引き継がれる見通し。

ジャスコや西武百貨店など、経営多角化を目指して参入した多くの異業種大手は、連結会計制度の導入をにらんで採算割れの続く自動車販売の整理に取り組んでいる。家に次いで高価な耐久消費財で、見た目にも華やかな自動車販売だが、ビジネスとしてはそれほど甘くなかったようだ。
《編集部》

《PR》関連記事

おすすめの商品