ユーザーの負担だけが重くなる、自賠責保険料値上げの不思議 | レスポンス(Response.jp)

ユーザーの負担だけが重くなる、自賠責保険料値上げの不思議

自動車 社会 社会

運輸省と日本損害保険協会は、交通事故被害者対策の充実を図るため、自賠責保険料に賦課金を織り込むことを検討する。実施されれば、自賠責保険は1兆8000億円の多額の運用益を持ちながら、保険料は引き上げられる可能性がある。

この賦課金の構想は、運輸省による交通事故の後遺障害者の保護対策の充実を検討する運輸大臣の私的懇談会の部会で、日本損害保険協会によって明らかにされた。

後遺障害者の保護対策を充実するに当たっての財源確保に、自賠責保険料に賦課金を盛り込み広く自動車ユーザーで負担するというもので、運輸省もこれに賛意を示している。多額な運用益がありながら自動車ユーザーの負担だけが重くなる……。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品