【GM=フィアット提携】「将来の完全合併」アメリカ業界筋はこう見る

自動車 ビジネス 企業動向

GMとフィアットの間で密かに進められていた提携話が実現することとなった。現在の契約はGMがフィアットオートの株式の20%を持ち、見返りとしてGM株式の5%をフィアットに与えるというもの。しかしこの提携は将来の完全な合併を念頭においたもの、と関係者は見ている。

財政難に悩まされてきたフィアットは過去10年間にいくつかの合併話が噂されてきた。今回のGMとの提携はこうした流れからある程度は予想されたもの、として自動車業界には今の所大きなショックや驚きはないようだ。ただしフィアットは競合の少ないダイムラークライスラーと合併する、と情報筋では見ていただけに、相手がオペルのようなフィアットと競合するメーカーを抱えるGMだったことには多少の戸惑いも見られるようだ。

将来的には、フィアットオートのオーナーであるアニエッリ家が所有する株式をGMに売却し、GMの持ち株率が50%になるという話も浮上しており、2社が完全に合併する日も遠くないかも知れない。
《Sachiko Hijikata, US editor》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品