トヨタ、ソニーと共に新事業、CATV網でインターネットサービス

自動車 テクノロジー ネット

トヨタ自動車は、ソニーと東急電鉄と共同で高速大容量のインターネット・サービス事業を行う会社を設立することを決めた。ケーブルテレビ(CATV)網を全国規模でネットワーク化、画像や音楽といったコンテンツの提供や広帯域インターネット利用環境の提供、インターネット・サービスを提供していないCATV局に対しては、その導入を支援していく。

新会社の名称は「AII(エーアイアイ)企画」で、4月上旬に設立する。資本金は1億5000万円で、3社が3分の1ずつを出資する。社長にはソニーの堀籠俊生・上席常務が就任する。

地域性や応答性を考慮して、ネットワーク上にメイン・データセンターとリージョナル・データセンターを最適に配置する。これらの連携をスムーズに行う最新のネットワークマネージメント技術と課金、認証、著作権保護など、Eコマースの核となる技術の確立を目指す。

新会社は今年10月に企画会社から事業会社に移行すると同時に試験サービスを開始。来年1月からは商用サービスを開始する。2005年には1000億円の売上げを見込んでいる。

とはいっても、現段階ではまだ企画会社の段階。具体的な事業として何を手がけるかは未定だ。なぜ、トヨタがこの企画に参加したかといえば、東急と同様にトヨタが愛知、岐阜の両地区でCATV会社を持っているからに他ならない。「訳の分からない企画を持ったソニーの口車に乗せられて、トヨタが金を出させられるだけじゃないの?」(大手新聞の自動車担当記者)という見方もある。
《》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品