マツダが米国で『ロードスター』値下げ!! 北米最安2シーターオープンに | レスポンス(Response.jp)

マツダが米国で『ロードスター』値下げ!! 北米最安2シーターオープンに

自動車 ニューモデル 新型車

マツダノースアメリカは2000年モデル『ミアータ』(日本名『ロードスター』)、ミアータLSモデルに標準装備を増やし、かつ値下げを敢行する、と発表した。追加された装備と値下げを合わせた総額は、ミアータで2080ドル(約22万円)、ミアータLSで2195ドル(約23万5000円)となる。

ミアータの標準装備に追加されたのははエアコン、フォグライト、ウィンドブロッカー、フロアマット。標準小売価格はこれらの装備を含めて2万0545ドル(約220万円)となり、昨年までのモデルに比べて700ドルの値下げ幅。LSにもエアコン、フォグライトのほか、標準装備のリストにアピアランスパッケージがついて標準小売価格は2万3545ドル(約252万円)、450ドルの値下げ幅。

また今月発売されるミアータ・スペシャルエディション(6速マニュアル、マホガニーマイカ・ペイント、皮革様のコンバーチブルトップ、皮革製のトリムシート、マホガニーカラーのウッドリムステアリング、シフトノブ)の価格も2万5055ドル(約268万円)と発表された。生産台数は3000台のみ。

今回の値下げの目的は、ミアータを現行のアメリカ市場で最も安価なロードスターにすること。ベストセラー・ロードスターとして絶大な人気を誇ったミアータだが、最近はBMW、ベンツ、ポルシェなどが次々にロードスターモデルを発表したこと、マスタングも新型の大型コンバーチブルを投入したことなどでやや苦戦気味。大幅な値下げと標準装備の追加でミアータの「値打」を打ち出した今回の作戦、成功するだろうか。
《Sachiko Hijikata, US editor》

特集

おすすめの商品