BMW首脳陣“ローバー”ブランド消滅“トライアンフ”復活の計画 | レスポンス(Response.jp)

BMW首脳陣“ローバー”ブランド消滅“トライアンフ”復活の計画

自動車 ビジネス 企業動向

ローバーのエンブレムが永遠に姿を消すかも知れない。BMW首脳陣はローバーのバッジをトライアンフと交換することを極秘に検討している。トライアンフの商標はローバー・グループに属しているが、実際の車名としては81〜84年にホンダ『バラード』ベースの『アクレイム』に使われたのを最後に市場から消えている。

ローバーのイメージは、メディアによる『75』の評価と一部の国外市場での評価がよいものの、イギリスではまったくよいイメージがない。ブランド・イメージ向上が思うようにいかないことに業を煮やしたBMW首脳は、ブランド・ネームの交代を考えたのだ。さらにアメリカにおいては、90年代初期に『800』を導入した際に信頼性の問題を生じたので、こちらでもイメージが悪い。

今後2〜3年の内に何らかの大規模なマーケティングが行なわれ、ブランド・イメージの刷新が成功しない限りは、コードネームR30(VW『ゴルフ』、フォード『フォーカス』対抗)がトライアンフ復活の最初のモデルとなるだろう。
《》

特集

おすすめの商品