GMハイブリッドカー『プレセプト』に超軽量シート

自動車 ニューモデル 新型車

米マグナシーティングシステム社は、GMが現在開発中のハイブリッド自動車のための軽量シートを開発、提供すると発表した。

GMの5人乗りハイブリッド、『プレセプト』のために開発されたシートは軽量かつ最新テクノロジーを満載した、未来型の安全シートでもある。シートはアジャスターを含めた総重量がわずか9.7キロ。GMが求めていたのは10キロだから、それを下回る重量を達成したこととなる。

このおかげでプレセプトの燃費は80マイル/ガロン(約20キロ/リッター)という驚異的なものとなっている。しかもこの重量では難しい、とされていた安全基準もクリアし、乗員にとって安全で快適なシート設計のパッケージとなっている。シートの開発にあたっては、従来の方法はすべて一新されている。骨組みは全てアルミと軽量強化スチールによって作られ、軽量と同時に強度を得ている。

マニュアルアジャスターによってシートは前後に27センチ移動でき、リクライニング角度も60度。ハイバックのバケットシートは頭部と背中に十分なサポートを与えるハロスタイルデザインで、座面の素材は従来のポリウレタンに変わるオープンメッシュ。この素材の使用により、シート内に十分に空気が取り込まれて車内の空気循環率も増しているという。

『プレセプト』はGMとアメリカ政府による新世代自動車のためのパートナーシップ(PNGV)の一環として開発されているハイブリッドカー。これに未来型のシートが加わり、一歩先を行くクルマとして今後の市販化が注目されている。

《Sachiko Hijikata, US editor》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品