好材料だけではない……米ビッグ3による“ネット購買革命”の側面 | レスポンス(Response.jp)

好材料だけではない……米ビッグ3による“ネット購買革命”の側面

自動車 テクノロジー ネット

ゼネラルモーターズ(GM)、フォード、ダイムラークライスラーの3社はこのほど、インターネット部品購買サイトを運営する新会社を共同設立すると発表した。3社が独自に構築してきた部品調達サイトを統合したうえで、トヨタ自動車など他メーカーへも参画をあらためて呼びかける。新サイトの年間取引額は2500億ドル(約27兆円)以上に達する可能性がある。

新会社は3社の均等出資で3月中にも設立される見通し。システム開発は電子商取引(EC)大手の米コマース・ワンやソフトウェア大手の米オラクルが行う。統合によりサイトの開発・運営コスト削減を目指す。

自動車メーカーの年間購買額は巨額の一言。GMは870億ドル、フォードは800億ドルに及んでいる。3社は、それぞれの取引先、数千社を新サイトに参画させる見通し。市場規模によるコストダウン効果や、時代に取り残されることを恐れて日系メーカーも参画を真剣に検討し始めている。

ただ、今回の統合は「独自サイトの参加状況が思わしくなかったため、やむを得ず統合に踏み切った」という指摘も…。ネット調達がどうなるか、予断を許さない。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品