フォードとハーレービッドソンが共同開発したマッチョカー | レスポンス(Response.jp)

フォードとハーレービッドソンが共同開発したマッチョカー

自動車 ニューモデル 新型車

フォードとハーレービッドソンが共同開発したマッチョカー
  • フォードとハーレービッドソンが共同開発したマッチョカー
フォードは『2000ハーレーダビッドソンF150ピックアップ・リミテッドエディション』の価格設定を発表した。このピックアップトラックはフォードとハーレーダビッドソンが提携して初めて作られた記念すべき一台。気になる小売り標準価格は3万2995ドル(約360万円)。

フォードにハーレーダビッドソンと言えば、アメリカ人にとって伝説的とも言える“アメリカンマッスル”ビークルを代表する2大メーカー。その2社がジョイントベンチャーで自動車をデザインした、というのだからファンにとっては見逃せない。

ジョイントベンチャー最初の一台はやはりマッチョなイメージのフォードのベストセラートラックに決定、というのがまた嬉しい内容だ。フォードでは今年度7500台の生産を予定しているが、早くもプレミアがつきそうな人気。

このピックアップはブラックモノクロームの4X2スーパーキャブで、ボディにはオレンジのハーレーのピンストライプがデザインされている。クロームグリル、フレアサイドボッックス付き。エンジンは5.4リットルV8シングルオーバーヘッドカム「トリトン」エンジン、260PS。タイヤも巨大な20インチ。

インテリアにもハーレーの香りが漂う。ダッシュオーナメント、ブラックレザーでトリムされたシート、ユニークな「スパンメタル」インスツルメントクラスターなど、マニアには垂涎のデザインだ。

フォードとハーレーではこのほかアクセサリー、アパレルなども販売しており、インターネットでも購入が可能。
《Sachiko Hijikata, US editor》

おすすめの商品