『プリウス』に強敵現る!! 米政府-ダイムラークライスラー共同開発の『ESX3』 | レスポンス(Response.jp)

『プリウス』に強敵現る!! 米政府-ダイムラークライスラー共同開発の『ESX3』

自動車 ニューモデル 新型車

『プリウス』に強敵現る!! 米政府-ダイムラークライスラー共同開発の『ESX3』
  • 『プリウス』に強敵現る!! 米政府-ダイムラークライスラー共同開発の『ESX3』
  • 『プリウス』に強敵現る!! 米政府-ダイムラークライスラー共同開発の『ESX3』
ダイムラークライスラーが発表したハイブリッド・コンセプト『ESX3』は、軽量かつ求めやすい価格を実現する、というハイブリッドの新しいスタンダードを求める車だ。重量はわずかに1020kg、ボディ全体が12のピースによって組み立てられる、というシンプルな構造。ボディにはアルミ、チタニウム、熱硬化樹脂などの従来の軽量素材よりもコストが安く、かつ安価な独自の素材が使われていると言う。

軽量ボディでありながらも、コンピューター・シミュレーションによるクラッシュテストの結果は万全。今後同社では実際のクラッシュテストを行い、市販前にさらなる安全性を確認する予定。

ESX3はダイムラークライスラーのスタッフだけではなく、アメリカ政府の研究所、大学などともパートナーシップを組んで作り上げられた車。これはアメリカ政府が企業と共に行っている「パートナーシップ・フォア・ニュージェネレーション・ビークル」と呼ばれる燃費効率テクノロジー開発を目指すプログラムの一環だ。

ESX3はマイルドハイブリッド(マイブリッド)と名付けられた技術を導入。動力部分にはルミニウム製1.5リットル3気筒の直噴ディーゼルエンジンが使用されている。電動モーターはデルファイ社製だ。さらにリチウムイオン・バッテリーはフランスのSAFT社製のものが使用されている。これらはすべて現在利用できる技術の中で最高水準かつ最小のもので、このためESX3は広いインテリアスペースが確保できている。

ハイブリッドの市販モデルではトヨタ『プリウス』やホンダ『インサイト』に遅れを取っているが、この2台をしのぐ技術とコスト効率を持つと言われるESX3。アメリカ政府との共同プロジェクトだけに、将来の量産化に大きな期待が寄せられている。
《Sachiko Hijikata, US editor》

おすすめの商品