ホンダ、GMオンラインパーツ供給に「面白いクルマがつくれない」と不参加表明 | レスポンス(Response.jp)

ホンダ、GMオンラインパーツ供給に「面白いクルマがつくれない」と不参加表明

自動車 テクノロジー ネット

アメリカンホンダはGMが行っているトレードエクスチェンジというオンラインでのパーツ供給ネットワークへの参加を呼び掛けられていたが、とりあえず態度を保留とすることを決定した。

ホンダの吉野社長は「こうしたプログラムが現在本当に必要なのかどうか、まだ懐疑的」とコメントした、と伝えられている。詳しい理由として挙げられたのが、こうしたメーカー共通のオンラインネットでまかなわれるようなパーツを使って作ったクルマにメーカーの独自性、面白みがあろうはずもない、ホンダのクルマはユニークで他が追随できない存在を目指す、という点。

ネットワーク参加を事実上断られたばかりか、「オンラインでまかなえる共通の部品を使ったGMのクルマは退屈」とはっきり突き付けられたような形の、GMからのコメントは現在のところ出ていない。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品