【VWゴルフにワゴン追加発表! Vol. 3】ヨーロッパ車のエンジンはどんどん小さくなる!?

自動車 ニューモデル 新型車

新型『ゴルフ・ワゴン』は、2リットル・エンジンの『GLi』と、1.6リットル・エンジンの『E』の2本立てとなっている。『E』の1.6リットル・ユニットは、ハッチバックの『ゴルフE』に搭載されているものと同一で、新設計のオールアルミ製となっており、101PS/5600rpmの再高出力、14.8kgm/3800rpmの最大トルクや、ATのギア比も同じとなっている。

ところで最近、『ゴルフ』をはじめとするいわゆる「Cセグメント」に属する欧州車が、続々と1.6リットル仕様を導入しているのにお気付きだろうか。日本仕様ではまずオペルが98年のモデルチェンジから『アストラ』のハッチバックとワゴンに、1.6リットル仕様を導入。そして2000年モデルからは、ルノーが『メガーヌ』を全車1.6リットルとし、シトロエンも『サクソ』のハッチバックとブレークに1.6リットルを設定した。

そして大御所フォルクスワーゲンも、今回の『ゴルフ・ワゴン』で、ハッチバックとワゴンの両方に1.6リットル仕様を設定したのだった。さらに、間もなく日本市場に導入されるフォード『フォーカス』にも、1.6リットルが設定される予定だという。

こうした動きは、言い換えると「1.8リットル・エンジンの廃止と、1.6リットルへの置き換え」と見ることができる。その背景には、ヨーロッパの自動車メーカー各社から新世代の1.6リットル・ユニットが登場したことがある。

どのメーカーの広報マンに尋ねても「新設計の1.6リットルはパワフルで効率がよいため、走りの点でも従来の古い1.8リットルに遜色がなく、しかも燃費や排ガスの点で優れているから」との答えが返ってくる。どうやらエンジンのサイズダウンは、今後のヨーロッパ車のトレンドとなるようだ。
《》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品