【VWゴルフにワゴン追加発表! Vol. 1】2.0リットルと1.6リットルの2本立て

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(VGJ)は、本日ゴルフ『ワゴン』を発売した。今回導入するワゴンには2モデルあり、2.0リットルSOHCエンジンを搭載した『GLi』と、新開発オールアルミニウム製1.6リットルSOHCエンジンを搭載する『E』の2車種。

先代ゴルフ(型)からラインナップに加わったワゴンは、日本におけるRVブームや新しいライフスタイルを求めるユーザーの支持によって、1995年に日本国内導入開始以来、約3万5000台が登録さた。新型ワゴンもステータスやスペックにこだわらない、あたらしいクルマ生活のスタイルをもつユーザーをターゲットにしている。

新型ワゴンの最大の特徴は、460リットルものラゲージスペースにあり、分割可倒式リアシートを倒せば1470リットルに拡大する。デザイン的にも派生車にありがちなアンバランス感がなく、ピラーが細いために、ハッチバックよりもむしろ軽快さを感じるかも知れない。

なおVGJでは今年のゴルフ・ワゴンの販売台数を、GLiとEを合わせて7000台を予定している。希望小売価格はGLiが275万円、Eが245万円。
《高木啓》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品