WRCスウェディシュ・ラリー、今年もジンクスは生きていた | レスポンス(Response.jp)

WRCスウェディシュ・ラリー、今年もジンクスは生きていた

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

WRCスウェディシュ・ラリー、今年もジンクスは生きていた
  • WRCスウェディシュ・ラリー、今年もジンクスは生きていた
  • WRCスウェディシュ・ラリー、今年もジンクスは生きていた
  • WRCスウェディシュ・ラリー、今年もジンクスは生きていた
「気候に慣れた北欧出身のドライバー以外、優勝者がいない」と言われる、WRC第2戦のスウディッシュラリーが、2月10〜13日に行われた。

例年、氷点下の中で行われているスウェディシュラリーだが、今年は異常気象のため、プラス7度まで気温が上がるというハプニングが発生。スタッドを打ったタイヤを使用したラリーカーが雪や氷の無いコースを走ると路面を破壊する恐れがあるため、SS7がキャンセルとなり、SS4とSS9のコースが短縮されるという影響が出てしまった。

レースは序盤の第1レグからジンクス通りに北欧出身ドライバーがその強さを見せ、1位がプジョーのグロンホルム(フィンランド)、2位がフォードのラドストローム(スウェーデン)、3位が三菱のマキネン(フィンランド)と続く。気温上昇で「雨が降っても雪が降ることは無い」というコンディションの中、他地域出身のドライバーが活躍しても良さそうなものだが、なぜか振るわない。ジンクスには勝てないのか?

第2レグ、やはり雪ではなく雨が降る中でレースはスタート。 しかし、プジョー・グロンホルムの好調さを打ち崩すことは各チームともできず、追い上げを見せていたスバル・カンクネンもサスペンショントラブルが発生し、思うようにマシンを制御できず、速度をあげられないままとなる。

最終日、ようやく気温が氷点下となり、スウェディシュラリー本来のコンディションの中で第3レグがスタート。 だが、結局はゴールまで順位が変動することはなく、プジョー・グロンホルムが2時間31分08秒0のタイムで総合優勝を果たす。

今年もジンクスを打ち破ることはできなかった。

総合結果は以下の通り。

1. M. グロンホルム(プジョー) 2時間31分08秒0  平均速度112.7 km/h
2. T. マキネン(三菱) +0:06.8
3. C. マクレー(フォード) +0:13.7
4. T. ラドストローム(トヨタ) +0:14.9
5. R. バーンズ(スバル) +0:35.0
6. J. カンクネン(スバル) +2:47.6  

【ドライバーズポイント】
1. T. マキネン(三菱) 16
2. M. グロンホルム(プジョー) 10
3. C. サインツ(フォード) 6
4. J. カンクネン(スバル) 5
5. C. マクレ−(フォード) 4
6. T. ラドストローム(トヨタ) 3
6. T. ガルデマイスター(セアト) 3
8. R. バーンズ(スバル) 2
8. B. ティリー(トヨタ) 2
10. A. シュワルツ(シュコダ) 1

【最終マニファクチャラーズポイント】
三菱 18
プジョー 11
フォード 10
スバル 9
セアト 3
シュコダ 1
《石田真一》

おすすめの商品