【リコール】フォード『サンダーバード』の灯火装置 | レスポンス(Response.jp)

【リコール】フォード『サンダーバード』の灯火装置

自動車 社会 行政


フォード・ジャパン・リミテッドは、『サンダーバード』の灯火装置に不具合があったとして運輸大臣に対してリコールを届け出た。対象となるのは1991年9月17日から、1993年1月19日までに生産した191台。

これらの車ではヘッドランプスイッチの構造が不適切なため、フォグランプを点灯した状態でヘッドランプを長時間点灯すると、ヘッドランプスイッチが発熱することがあり、最悪の場合、スイッチ内部にあるバイメタルが作用し、ヘッドランプが自動的に点滅するおそれがある。

発見は米国の市場クレームによる。



《レスポンス編集部》

特集

おすすめの商品