自工会会長ポストの押し付け合戦、トヨタ奥田氏が急浮上!?

自動車 社会 社会


環境庁の諮問機関である中央環境審議会は、新任の委員としてトヨタ自動車会長の奥田碩・日本自動車工業会副会長を任命した。

ところで、日本自動車工業会の次期会長ポストを巡って、業界は混乱している。これまでは、トヨタと日産の持ち回りにしており、現在は日産の辻氏が会長なので、次はトヨタのはずだった。ところが日産が2位メーカーから転落した中で、トヨタ、日産の持ち回りはおかしいとして、本田技研工業の吉野社長などに次期会長就任を打診、しかし吉野氏はこれを固辞しており、次期会長ポストの行方が注目されている。

そんな時に、これまで自工会会長が就任していた中環審の委員に奥田氏が加わったことから、自工会会長就任を決断したとの見方が広がっている。真相はいかに。




《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品