まだある! ローバー『ミニ』発表延期の理由 | レスポンス(Response.jp)

まだある! ローバー『ミニ』発表延期の理由

自動車 ニューモデル 新型車

ローバー『ミニ』の生産終了が決定したのはすでにお知らせした通り。結局ミニは約160種の仕様で販売されたことになる。近年、販売台数の半分は日本が占めており、本国ではあまり売れていない。

おそらく1.3が9325ポンド、1.3クーパーが9625ポンドという価格がその原因だろう(1ポンド=約170円)。フォード『Ka』が7495ポンド、フィアット『セイチェント』は6520ポンドで買えるのだ。現行には根強いファンがいるものの、「クール」とか「トレンディ」とはかけ離れているのも事実だ。

しかしその一方で、親会社BMWは新型の発表を秋のバーミンガム・モーターショーまで延期した。つい数週間前までは今月末から始まるジュネーブ・モーターショーで発表する予定だったのだ。結局、執拗ともいえるBMWの品質追求がジュネーブ・デビューの予定を不可能なものにしてしまったのだ。販売は年末か来年早々と見込まれる。
《》

特集

おすすめの商品