【トヨタ『bB』デビュー!! Vol. 5】“その辺にいる若いやつら”のインテリア

自動車 ニューモデル 新型車

インテリア・デザインをまとめたのはトヨタ・グループの豊田自動織機、自動車事業部・技術部のデザイン室。豊田自動織機は繊維生産機械、フォークリフトなどの産業車両を作る会社で、『bB』の生産は担当しないが、グループ内の開発能力を有効活用するためにグループ他社の製品の開発を分担することも多い。

キーデザイナーは、デザイングループのワーキングリーダーを務める兵藤光徳・担当員。「インテリアもエクステリア同様に、ユーザーが手を加えやすいデザインです。平面基調、直線基調にして、後から色を塗り替えたり、別の部品を張り付けたりしやすいようにしました」

インパネは構成部品が多く、共通部品を多くするとスタイリングで個性を出す余地は少なくなる。「『ヴィッツ』からはじまるNBC(ニュー・ベーシックカー)は当初から派生車の展開を考えていましたから、その点は楽でした。逆に、部品流用が前提なので内部の設計変更は絶対に認められず、やはり苦労した点だったともいえます」と兵藤デザイナー。

新型車プレゼンテーションでは「ノリでデザインした」とデザインの紹介があった。実際は、「ノリ」は良かったのかもしれないが、やはり「計算」はあったのだ。

インテリア・デザインでも『キューブ』などのライバルは見なかったという。「ただ荷室の寸法や使い勝手といった、実際面では比較検討しましたが」

ところで、従来のトヨタ車とは違う、若いユーザーをねらう、とのかけ声で出てきた最近のクルマに『WiLL Vi』がある。同じねらいでカタチの違う2台なのだが、なぜ違った形になったのか。「乱暴な言い方ですが」と前置きして、兵藤デザイナーは説明する。「WiLL Viは女性向け、bBは“その辺にいる若いやつら”向けです」 “その辺にいる若いやつら”、つまりどこにでもいる若い世代ならbBのターゲット・ユーザーだ。
《高木啓》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品