車種拡大がねらい、GM が『ハマー』の製造・販売権を入手

自動車 ビジネス 企業動向


GMはAMジェネラル社との合意により、今後ハマーのネームブランドを独占的に有する権利を得た、と発表した。これにより両社は今後、世界中でのハマー4X4オフロードカーおよび付属パーツなどの製造、マーケティング、販売をジョイントで行うことになった。

ハマーはいうまでもなく世界最強の4X4カーとして人気が高いが、今後GMが協力して生産にあたることで、伝説に新しい1ページが加わることになる。GMはすでにジョイントで開発したハマーH2モデルコンセプトを発表しているが、「これを見て未来のハマーがどのような方向に進み、GMが伝統を受け継ぎながらよりアグレッシブに、タフにハマーブランドを育てていくのかが分かってもらえると思う」とのコメントも。実際のH2の販売は2002年が目指されている。

これによって現在のハマーはH1という名で呼ばれることになり、現在の単独モデルからハマーブランドとして飛躍する、と期待されている。H2が発表された後もH1のデザインは維持され、生産も続けられる。ハマーというイメージが強力なだけに、現在のハマーを販売停止にする予定はないという。またH1の販売ネットもGMのものを通して世界的に行われることになる。

ハマーのような個性あるクルマが巨大メーカーの傘下に入ることに不安を覚える愛好者もいるだろうが、現在進んでいる自動車メーカー再編の一部として、ハマーの生き残りをかけた戦略、H2の今後に期待したい。






《Sachiko Hijikata, US editor》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品