自動車メーカーへの飛び火は必至!! メモリーカード覇権争い激化 | レスポンス(Response.jp)

自動車メーカーへの飛び火は必至!! メモリーカード覇権争い激化

自動車 ビジネス 企業動向

メモリーカードをめぐる、デファクトスタンダード(事実上の世界標準)争いが自動車業界にも及んできた。

ゼネラル・モーターズ(GM)とソニーは6日、GMが開発中の次世代車にソニーのメモリー技術を使うと発表。対抗する松下グループも同日、トヨタ自動車などと別規格の普及団体を結成すると発表した。

ソニーは「メモリースティック」、松下グループは「SDメモリーカード」の普及を狙っており、情報、家電メーカーのほか、自動車メーカーへの働きかけも激しくなってきた。

ソニー陣営にはGMのほか、すでにフォルクスワーゲン、アウディ、アルパインなどが加わっている。参画企業数は27社。いっぽうの松下陣営(松下電器、東芝、米サンディスク)が旗揚げする普及団体にはトヨタをはじめ、IBM、コンパック、マイクロソフトなど最終的に100社を超える企業が参画する見通しだ。

《畑山直人》

《編集部》

おすすめの商品