メーカーの垣根を超えて販売協力!! ディーラー14社が共同で中古車店

自動車 ビジネス 企業動向

新車ディーラーがメーカーの垣根を超えて販売協力し合う中古車販売店が8日、埼玉県蓮田市にオープンする。「オートプラザ蓮田」はトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、ダイハツなど地元ディーラー14社が集まって運営する、珍しい業態の中古車販売店。総展示台数は1000台規模という。低コストで運営するのも特徴で、敷地は遊休地を5〜7年間賃貸して利用し、事務所も移動可能な「モービルハウス」を使う。

中古車はメーカーの支配力が及ばないため、ディーラーどうしが協力するケースが増えている。横浜のみなとみらい地区ではトヨタ、日産系ディーラーの中古車拠点が隣接しているし、日産の大型中古車店「カーパレス」に富士重工業系ディーラーが加わっているケースもある。とは言え、一気に14社のディーラーが団結するのは日本でも珍しい。ガリバーやジャックなど新興勢力に対抗しようと、新車ディーラーが大同団結した形だ。

《畑山直人》
《編集部》

《PR》関連記事

おすすめの商品