第一世代のRVブームを支えた「キャブワゴン」が消滅する!! | レスポンス(Response.jp)

第一世代のRVブームを支えた「キャブワゴン」が消滅する!!

エコカー 燃費

第一世代のRVブームを支えてきた、キャブオーバータイプのワンボックス系ワゴンは、2005年あたりまでに生産中止になることが確定的になっている。

現存のモデルラインナップは以下の通りだが、キャブオーバーワゴンはエンジンの上に運転席、助手席が乗るレイアウトであるため、座席が高く乗降性、整備性が悪い。さらに騒音振動が高いという欠点がある。

日産はこれまでラルゴ/バネットセレナをもっていたが、これをミニバンタイプのプレサージュ/バサラ、セレナに切り替えている。車種がもっとも多いトヨタが、最後まで残りそうな雲行きだ。


【生産中止確定モデル】

●トヨタ
グランビア、グランドハイエース、レジアス、ツーリングハイエース、タウンエースノア、ライトエースノア

●日産
エルグランド

●三菱
デリカ・スペースギア

●マツダ
ボンゴ・フレンディ

《》

おすすめの商品