【メディアラウンドアップ】『インハウスデザイナー〜三菱カーデザイン日誌〜』 こうして日本車のカタチができた | レスポンス(Response.jp)

【メディアラウンドアップ】『インハウスデザイナー〜三菱カーデザイン日誌〜』 こうして日本車のカタチができた

モータースポーツ/エンタメ 出版物


インハウスデザイナー〜三菱カーデザイン日誌〜』  (発売中)
著:三橋慎一 税込み価格1680円  発行:三栄書房

インハウスデザイナーとは企業内の社員デザイナーのこと。著者は元・三菱自動車デザイン部長。 1960年から95年まで新三菱重工〜三菱自動車に在籍、デザイン部が屋根裏部屋にあった頃に入社し、三菱自動車最初の海外派遣留学生に選ばれ、最近のユーザーの記憶に残っているところでは、初代ミラージュ、初代パジェロ、初代シャリオなどのデザイン開発を監督した。文字どおり日誌として、デザイン開発の現場が生々しく語られて興味深い。専門用語も分かりやすく要領よく記述されているから、いわゆる高度成長時代を支えた企業戦士の打ち明け話として楽しめる。が、デザイナー志望の若い人や、このキャリアについたばかりの人にぜひ読んでほしい。(高木啓)












《高木啓》

おすすめの商品