【アウディTT改良型インプレ vol. 1】クレームサイトが発端となりTTが仕様変更「スポーティなフィーリングは薄まったが・・・」

自動車 社会 行政

【アウディTT改良型インプレ vol. 1】クレームサイトが発端となりTTが仕様変更「スポーティなフィーリングは薄まったが・・・」
  • 【アウディTT改良型インプレ vol. 1】クレームサイトが発端となりTTが仕様変更「スポーティなフィーリングは薄まったが・・・」
  • 【アウディTT改良型インプレ vol. 1】クレームサイトが発端となりTTが仕様変更「スポーティなフィーリングは薄まったが・・・」
  • 【アウディTT改良型インプレ vol. 1】クレームサイトが発端となりTTが仕様変更「スポーティなフィーリングは薄まったが・・・」

「ドライバーがクルマの限界を感じ取れる領域を広くした。以前よりもスポーティなフィーリングは薄まったが、物理的な限界はなにも変わっていない」。こう語るのはアウディのシャシー開発部門のトップ、バーント・ヘイシング氏だ。


スポーツカーが「スポーティ過ぎ」と批判されることはめったにないが、ヨーロッパで大ヒット中のアウディTTに対しては現実となってしまった。例の高速走行時のスタビリティ(安定性)に関して、アウディは批判の渦にいる。もちろん、背景にはアウトバーンで発生した2件の死亡事故が大きく関係している。


この問題が最初に取り上げられたのは、個人のウェブサイトで今年5月の話。ドイツのタブロイド新聞が大々的に取り上げるまで、アウディは批判に対してなにもリアクションを起こさなかった。基本的にアウディは、批判はナンセンスで、ハンドリングに関して問題はないと主張してきた。


しかし、たびかさなるアクシデントとそれに対するネガティブな報道に、ついに仕様変更の決断がなされた。変更は日本未導入の180ps仕様やFWDモデルを含め、すべてのTTに行われることになった。基本的には今までと同じ操縦性ながら、高速でオーバーステアに切り替る傾向を薄くしたのである。


Copyright (C) 1999 ASCII Corporation. All Rights Reserved.
No portion of this web site may be reproduced or duplicated withoutthe express written permission of ASCII Corporation.
This web site is written in Japanese only.
《》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品