RJCニュー・カー・オブ・ザ・イヤーに日産セドリック/グロリア

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

日本自動車研究者&ジャーナリスト会議(RJC)は16日、もっとも優れた国産新型車に贈る「1999〜2000ニュー・カー・オブ・ザ・イヤー」に、日産の「セドリック/グロリア」を選出したと発表した。同車に採用された「エクストロイドCVT」も同テクノロジー・オブ・ザ・イヤーを獲得、日産はダブル受賞に輝いた。

いっぽう同日、トヨタ自動車は欧州向けコンパクト2ボックス車「ヤリス(日本名=ヴィッツ)」が、「2000年欧州カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したと発表。たまたま両賞の発表日が16日で一緒だったとはいえ、トヨタが速攻で欧州賞の受賞をマスコミ向けに広報した点は興味深い。

トヨタは昨年、「アルテッツァ」で日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会(COTY)が主催する「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を、前年の「プリウス」に続き2年連続で受賞したもの、RJC賞は「レガシィ」「プレオ」の富士重工業勢に奪われている。

11月末に発表される今年のCOTY賞は、「ヴィッツで決まり」といわれているが、トヨタにしてみればヴィッツで両賞を独占できなかったことのほうが不思議、といった意識なのかもしれない。
《》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品