オートバイテルと提携したコスモ石油、シェア争いからの脱皮なるか?

自動車 ビジネス 企業動向

インターネット新車販売仲介のオートバイテル・ジャパン(ABTJ)とコスモ石油が15日、プロモーション分野で提携することで合意した。

ABTJは自社サイトでコスモの会員カード告知をし、コスモは既存のカード会員約200万人にABTJの広告を流す。コスモは今後、ABTJで自動車を買った人に対して全国のSSで利用できる特典を検討していくという。コスモは今回の提携以外にも、系列SSをサービス拠点としたインターネット通信販売などのビジネスを積極的に手がけていくという。

全国規模の販売体制を活かしたい石油元売りの狙いは理解できる。が、自動車用品やタイアなど“油外収入”の重要性を認識しつつ、結局は燃料のシェア争いに明け暮れるという石油業界の体質は今も変わっていない。コスモの思惑通り全国規模の販売体制が宝の山になるか、お手並み拝見だ。
《編集部》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品