【東京ショー速報 Vol. 53】水素燃料電池カーに執念を燃やすダイムラー・クライスラー

自動車 ニューモデル モーターショー


昨年誕生したダイムラー・クライスラー社だが、環境技術の開発の主導権を握っているのはダイムラー側。そのダイムラーがモーターショーの目玉のひとつとして展示しているのが、NECARだ。これはメルセデスベンツAクラスをベースに水素燃料電池を床下に置いたもの。



ダイムラー代表取締役のフーバート氏は、 「室内を広くとれるということはクルマとしての利点。低公害な燃料電池ユニットでは、ダイムラーが環境技術をリードしていく」と自信満々。



が、トヨタ、日産、ホンダなどは、燃料供給のための“スタンド”の建設が水素より簡単なメタノールあるいは天然ガスを車両のタンクにため、それを分解して水素を取り出す方法に取り組んでいる。これが完成するとダイムラーの優位性はほとんどなくなくなる、という声も聞かれる。






《井元康一郎》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品