【東京ショー速報 Vol. 46】三菱、来年1月モデルチェンジ『デボネア』はASVカー?! | レスポンス(Response.jp)

【東京ショー速報 Vol. 46】三菱、来年1月モデルチェンジ『デボネア』はASVカー?!

自動車 ニューモデル モーターショー

三菱自工は、ASV関連のモックアップや解説パネルを展示したほか、エコ・パッケージを提案したコンセプトカー『SUV advance』に、車間レーダーや前方CCDカメラといったASV技術を、さりげなくを盛り込んでみせた。
またショーモデルにとどまらず、市販車についても今年1月に、「三菱ドライバーサポートシステム(「プレビュー・ディスタンス・コントロール」「後側方モニター」「レーン逸脱警報システム」からなる)を搭載したニューモデル」を発表する予定ですと積極的だ。
コンセプトカー『SUV advance』。
.ルームミラーにCCDカメラが内蔵されているのがわかる。
具体的な車種については明かしてもらえなかったが、「三菱自工は、2000年1月にデボネアのモデルチェンジを控えています」(ニューモデルマガジンエックス牧野編集長談)と、三菱のプレステージ・カー『デボネア』であることは、間違いなさそう。じつは三菱は、この『デボネア』で「世界初」レーン逸脱警報センサー機能搭載の名誉を手に入れようと目論んでいたが、9月末に発表された富士重工『レガシィ・ランカスターADA』 に搭載のADA(Active Driving Assist)に先を越されてしまった。「世界初」が大好きな三菱が、このままむざむざと引き下がるとは考えられない。『デボネア』というプレステージ・カーにふさわしい「隠し球」の投入に期待したい。











《小谷洋之》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品