【東京ショーD視点 Vol. 9】WiLL Vi(トヨタ)のあのカタチがうまれたわけ | レスポンス(Response.jp)

【東京ショーD視点 Vol. 9】WiLL Vi(トヨタ)のあのカタチがうまれたわけ

自動車 ニューモデル モーターショー

異業種が共同で立ち上げたブランド『WiLL』は「遊びゴコロと本物感」を兼ね備えた新商品を展開する。トヨタが開発・生産するのが『Vi』というクルマだ。デザインしたのは東京デザイン部の多田三千男と後藤次郎の2人のデザイナー。

「印象的であることによって普遍的になるようなデザインとした」と多田はいう。つまり強い個性を持つことによって、他の製品との比較の対象にならないような存在感を確立することをめざしたわけだ。いっぽう後藤は、「開発中にWillブランドに参加している他の企業にプレゼンテーションしたことが、従来とは変わった経験で緊張した」と語る。

“4ドア・パーソナルカプセル”Vi

レリーフは平滑なパネルに
剛性を与えるという機能
をもつ

もともとViは「トヨタにないカテゴリーの新コンセプトカー」というテーマでかねてから研究が続けられていたクルマで、Willブランド発足とともに、これにふさわしい車種として選ばれた経緯がある。さすがトヨタ、市販製品だけでなく、先行開発にも抜かりはない。

l






《高木啓》

特集

おすすめの商品