【東京ショー速報 Vol. 35】マツダ、来年後半にも新SUV発売、フォードと共同開発のプラットフォームを採用

自動車 ニューモデル モーターショー

マツダは、フォードと共同開発した最初のプラットフォームを導入する。そのプラットフォームをつかったコンセプトカーが東京ショーカー「アクティヴィークル」。エンジンは3V6を搭載し、、サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット、リアはマルチリンクの4輪独立だ。

マツダは来年にも、このハイラックス・サーフのライバルにあたるクロカンを発売する予定。もちろんフォード版も準備中だ。








《》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品