1人乗りの超小型電気自動車『エブリデー・コムス』

自動車 ニューモデル 新型車

部品・車体メーカーのアラコは14日、1人乗りの超小型電気自動車『エブリデー・コムス』を発表した。来年発売する予定で、東京モーターショーに展示される。発売日、価格、販売ルートなどは未定。

車両のサイズは全長1935mm、全幅955mm、全高1600mmで、車体重量は270キログラム。貨物は30kgまで積載可能。6個の12ボルト密閉型鉛電池とDCブラシレスモーターを搭載し、駆動は後輪ホイールイン直接駆動方式で、4輪油圧式ドラムブレーキを採用。家庭用電源を使用して8時間で充電を完了する。1回の充電で55kmの走行が可能で、最高速度は50km/hという。

1人乗り超小型電気自動車というジャンルは新しい。だからこそアラコも「新たな需要を創出していく」としている。こんな車が駅前に並んでいて、自由に借り出せる仕組みなんかがあればなア、と思う。
《》

《PR》関連記事

おすすめの商品